抗真菌剤でマラセチアを撃退!

抗真菌剤入りシャンプーがマラセチアに効く!マラセチアというのは菌の名前で、これらは元々皮膚に住み着いている菌のひとつだ。増殖することで頭皮のかゆみを引き起こすという厄介な菌を抗真菌剤で何とかしよう!

頭皮のかゆみが気になる男性

抗真菌剤入りシャンプーと頭皮のマラセチア

頭皮が痒い、フケが増えたと感じる場合、もしかしたらマラセチア菌が増殖している恐れがあります。マラセチア菌は真菌、いわゆるカビの1種です。頭にカビが生えるの?と、驚いた方も多いのではないでしょうか。実はマラセチア菌、多くの方の皮膚にいる常在菌です。いつもは他の菌と共存しており、頭皮にトラブルを起こす事はありません。しかし、何らかの原因により増えすぎてしまうと、頭皮にトラブルを起こしてしまうのです。症状としては頭皮の痒みや、湿疹、フケが増えるといった事が挙げられます。症状が進むと抜け毛や薄毛の原因にもなるようです。マラセチア菌が増えてしまう原因は様々です。ですが皮脂分泌が多いと、増えやすいと言われています。シャンプーした際、すすぎが甘いとシャンプーに含まれる成分が頭皮に残り、菌が増えやすくなります。逆にシャンプーをし過ぎても頭皮が乾燥して、皮脂が増加する事によっても増加するのです。この他にもストレスや疲労、動物性脂肪や甘い物の取り過ぎでも、皮脂分泌が増えマラセチア菌の繁殖に繋がります。そのまま放置してしまうと、脂漏性湿疹や脂漏性皮膚炎といった皮膚病を招きやすくなるので注意が必要です。もし、頭皮のマラセチア菌が増えているという場合は、抗真菌剤入りのシャンプーを使ってみましょう。抗真菌剤はマラセチア菌をはじめとする、カビの仲間の細胞に直接作用します。カビには細胞膜があり抗真菌剤は、細胞膜の再合成を抑制、阻止する作用があるのです。この作用によって再合成できなくなったマラセチア菌は、やがて死滅します。ドラッグストアにも抗真菌剤入りのシャンプーが販売されているので、使ってみる事をおすすめします。

抗真菌と頭皮のフケやかゆみ

頭皮は気候によって影響を受けやすく炎症や湿疹が生じやすくなり、そのひとつの症状に脂漏性皮膚炎があります。脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌が多い頭皮などに起こる皮膚炎で、皮脂の分泌量が多すぎるとニキビができたり、脂肪酸が酸化して加齢臭を発したりします。脂漏性皮膚炎も皮脂の分泌量が多すぎると起こる症状で、皮膚が炎症を起こして地肌が赤くなりかゆみを伴います。皮膚が荒れてかさついて細かく剥がれ落ちることもあります。頭皮に症状がでた場合には痒みやフケが出るようになります。頭皮にかゆみがありフケがでる症状は他の症状と似ているために脂漏性皮膚炎と思わない場合もありますが、炎症で赤みやかゆみ、フケなどを繰り返す場合は脂漏性皮膚炎を疑うことも必要です。脂漏性皮膚炎は、他の皮膚炎と異なり原因が真菌であることです。真菌はカビの一種なので正しく治療しないと慢性化したり再発することがあるため、病院で早めの治療が必要です。脂漏性皮膚炎は、軽度の場合は市販の軟膏などを使用して治る可能性もありますが、一時的に症状が改善されるだけで真菌の増殖が治まらないと再発します。脂漏性皮膚炎の治療は塗り薬で抗真菌薬が使用されます。抗真菌薬には真菌の活性を抑える効果があるのです。症状や医師にもよりますが、抗真菌薬の他に抗生物質や荒れた肌を回復させるために尿素入りのローションやビタミンBやビタミンCが処方される場合もあります。脂漏性皮膚炎が頭皮にある出た場合は、シャンプーも注意します。使用するシャンプーは低刺激のタイプで、抗真菌剤が入ったシャンプーもあるため、医師に相談して使用します。改善のために生活の中で注意したいのは、脂っこい食事を減らしたり、ビタミンBやビタミンCを接種して皮膚の代謝を改善したり、睡眠をしっかりとって皮膚の抵抗力を低下させないようにします。

抗真菌剤入りシャンプーの選び方

脂漏性皮膚炎は皮脂が過剰分泌による炎症で、洗髪が不十分だと常在菌が繁殖してフケや痒みなどが起こるため、洗髪を適切に行なうことが大切です。脂漏性皮膚炎や脂漏性皮膚炎になる手前の頭皮が脂っぽい場合は抗真菌入りシャンプーを使うことが良い選択です。軽い脂漏性皮膚炎であれば抗真菌入りシャンプーのケアだけで治る可能性もあります。抗真菌入りシャンプーには海外製品のシャンプーと、国内で発売されているシャンプーの2種類があります。海外製品の抗真菌入りシャンプーは、使用感はベタつきがなく頭皮の皮脂がしっかり落ちます。ただし、海外製品であるため成分が強めで頭皮がつっぱるような感じや匂いが気になることや、痒みやかぶれ、頭皮が化膿している場合には刺激を感じることもあります。国内で発売されいてる抗真菌入りシャンプーは、真菌を殺菌することもでき成分が頭皮に優しいため頭皮には害はありません。脂漏性皮膚炎は誰にでも備わっている常在菌が異常に増えることで発症しますが、この常在菌の数が一定に保たれていれば無害の細菌でもあります。この真菌が増えると毛穴や毛穴周辺に炎症を起こし、炎症により痒みやフケ、赤み、かさぶたなどができます。脂漏性皮膚炎の原因になる真菌が増える原因は食事、合わないシャンプー、生活習慣の乱れ、睡眠不足、疲労などが考えられます。病院での治療は抗ヒスタミン剤の服用や外用薬、抗真菌薬などを処方します。炎症を治すためには正しいシャンプーを選ぶことも必要で、市販のシャンプーは石油が原料となっているものが殆どで、化学成分が頭皮に刺激を与えて痒みなどが酷くなることも考えられます。抗真菌入りシャンプーには海外製品と国内製品がありますが、頭皮に優しい国内製品の抗真菌入りシャンプーを使用して頭皮への刺激を抑えて症状を改善することが期待できます。
■抗真菌剤のクリームもあります
ニゾラール
■抗真菌剤はシャンプーやクリームのほかに錠剤タイプのものもあります
イトリゾールの効果とは
■抗真菌剤のラミシールは水虫やマラセチアに効果があります
ラミシール