抗真菌剤入りシャンプーがマラセチアに効く!マラセチアというのは菌の名前で、これらは元々皮膚に住み着いている菌のひとつだ。増殖することで頭皮のかゆみを引き起こすという厄介な菌を抗真菌剤で何とかしよう!

頭皮のかゆみが気になる男性

抗真菌と悩みと自力での方法について

抗真菌薬というものがあります。

よく、水虫やカンジダで使われるお薬です。

水虫の場合には、皮膚科の専門医の先生に診察してもらう他、皮膚科で診察してもらうことで、水虫の抗真菌薬を処方してもらえるケースがほとんどであり、または、薬局などで購入を行い、薬をかゆみのあるところに塗る、という方法があります。

しかし、カンジダの場合には、女性の場合、婦人科や産婦人科で膣内に検査器具を入れて、カンジダ菌が本当にいるのかの検査をしないと、抗真菌薬をもらうことが出来ません。

そのため、カンジダで辛くてかゆくて悩みを持っている方でも、なかなか検査に行くことが出来ない辛さを持っている人は多いものです。特に、10代や20代前半で、性交渉などがない方の場合には、器具を入れられると、激痛が走ったり、処女膜が破られてしまうため、悩みをとても辛く抱えている人が多いことが現状です。

また30代の方でも、性交渉がないかたは年々増加しており、決して恥じることではないのですが、処女膜が破れたら辛い、と悩みを持って苦しんでいいる人がたくさんいます。

そのような場合、自力でカンジダを治す方法が、外国の民間療法としてあります。

外国では昔から、カンジダになった際には、自力で治す方法が考えられており、その方法は、にんにくを膣の中に入れるというものです。

自力でおこなえる方法であり、またにんにくも、スーパーなどで手軽に買えるため、実践している方は日本にもおられます。

にんにくの皮をむき、少量でいいいので、皮をむいたまま、小さめのにんにくを膣内に入れると、かゆみがおさまることがあります。

ただ、個人差もあり、また、しっかりと洗い、切り口が出来てしまうと、よほどにかゆみがある場合以外、かえってつらくなってしまうこともあるため、十分注意が必要です。