抗真菌剤入りシャンプーがマラセチアに効く!マラセチアというのは菌の名前で、これらは元々皮膚に住み着いている菌のひとつだ。増殖することで頭皮のかゆみを引き起こすという厄介な菌を抗真菌剤で何とかしよう!

頭皮のかゆみが気になる男性

抗真菌と皮膚へのできものについて

皮膚、たとえば足の裏などを見ると、急に足の裏の皮がめくれていたり、かゆみ、蒸れた感じなどがする場合があります。

酷い場合には、かゆみの重さで日常生活を送ることが困難になるほど、重症であることもあります。

これは水虫による皮膚のトラブルであり、抗真菌薬を使用することで、改善させることができます。

また、足の裏にできもののようなでこぼことした黄色っぽい塊のようなものが出来ることがあります。

これも水虫であり、一見すると水虫とは思えないくらいに皮膚がふくれてしまっていたりするため、何か怖い病気のように感じますが、水虫であるため、抗真菌薬を使用して、治療をおこなっていきます。

このようなできものは、ある日突然できるものではなく、じょじょに水虫が足の裏などに侵攻していった結果、抗真菌薬を使って治療をせずに、放っておいてしまった場合に悪化した結果であり、薬や適切な治療をおこなえば、元のように皮膚はきれいな状態になることができます。

また、カンジダという病気でも、陰部などにできもののようなものができ、とてもかゆいことがあります。

これは、カンジダが陰部に浸食して、皮膚などにかゆみをもたらしているものであり、こちらも、婦人科または産婦人科などで、抗真菌薬をもらい、同時に、陰部などを消毒、清潔にしてもらうことで、治療ができます。

そのため、検査などを行い、陰部の消毒などを行ってから、自宅に帰っても、治療を継続するために、抗真菌薬などを、お風呂あがりなどのきれいな体の状態で、塗るなどして、治療をおこなっていきます。

治療を途中でやめてしまうと、またすぐにカンジダが再発してしまうことがあるため、治療は適切に行う必要性があります。